ワールド牧場 動物たちとの心のふれあい
人と自然と動物たちとの心のふれあいをテーマにした観光牧場、それがワールド牧場です。

謹賀新年

バロン

謹んで新年のお慶び申し上げます。
旧年中はいろいろとお世話になりました
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年は午年です。
午年だからなのか、ワールド牧場のご来場者の数が例年より多いようです。

12月21日の天才!志村どうぶつ園にワールド牧場が出た影響や、
朝日新聞・大阪日日新聞・毎日新聞に掲載された影響もあるかもです。
さらに1月7日朝7:45~おはよう関西にも出ました。
1月14日には産経新聞の夕刊にも掲載予定です。
関東圏でもテレビ朝日のスーパJチャンネルに出る予定です。

写真の馬は世界最大級の馬のペルシュロンです。
名前はバロン君です。

ありがとうございます。
スポンサーサイト

ワールド牧場25周年記念リニューアルオープン!

ワールド牧場新ゲート


ワールド牧場は25周年を記念いたしましてリニューアルオープンをいたしました。

人と自然と動物たちとの夢いっぱいの心のふれあい体験を是非お楽しみください。

新しい動物の種類もたくさん増えています。

また雨天でも利用できる施設も増設されました。

ワールド牧場はやはり晴天の時が最高なんですが、もしご来場されてから雨が降ってきた場合でも、楽しめる施設をご紹介させて頂きます。

まずは2013年4月27日にオープンした『全天候型動物ふれあいコーナー』です。

全天候型動物ふれあいコーナー

場所は『全天候型わくわく広場』の屋根の下にあり、世界最大のネズミのカピバラを始め、世界最大のウサギのフレミッシュジャイアント、ロップイヤー、ライオンラビット、ミニウサギ、パスパレーフェレット、ヨツユビハリネズミ、ジャンガリアンハムスター、ゴールデンハムスター、デグー、カラーマウス、スキニーギニアピッグ、モルモット、フクロモモンガ、水鳥(コールダック、トゥールーズ、アヒル、アイガモ、ガチョウ他)、ニワトリ(ポーリッシュ、名古屋コーチン、サクラ、赤鶏他)、ウズラ、ラマ、ヤギ(ザーネン種他)、ヒツジ(メリノ種、コリデール種、サフォーク種、ロマノフスキー種他)、ウシ(ジャージー種、ホルスタイン種、黒毛和種他)、馬ではクォーターホース、ペイントホース、ポニー、ミニホース、ロバ、世界最大級の馬のペルシュロンなどとふれあうことができます。

このコーナーが完成したことによって、動物たちとのふれあいが雨天などの悪天候でも楽しめるようになりました。

また全天候型わくわく広場の屋根の下には金魚すくいやスーパーボールすくい・錦鯉&和金釣り・バッテリーカー等で遊ぶことができます。

次にわくわく広場に隣接のイルミネーションを楽しんで頂ける『わくわくドーム』です。

元々はイルカがプールで泳いでいた『イルカドーム』でしたが、動物をモチーフにしたイルミネーションや年中クリスマスを楽しめるわくわくドームにリニューアルオープンしました。

わくわくドーム内イルミネーション

そのわくわくドームの中で利用できるのが、土日祝日だけのイベントで『手作りジェルキャンドル体験』です。

世界で一つだけのオリジナルキャンドルを作ることができます。

わくわくドームのすぐ近くにある『猫のいやし館』も見逃せません。

普通の猫ですと、人を見ただけで逃げて行ってしまうことがほとんどですが、ワールド牧場猫のいやし館の中にいる猫ちゃんはとても人懐っこくおっとりとした性格です。

猫のいやし館

あと、『ドッグヴィレッジ111』の中は傘が必要ですが、その中にある『犬のふれあい広場』であれば一部に屋根がついています。

横雨の場合は別ですが小雨であればしのげることが可能です。

DSC03628-2.jpg

もちろん晴れてる方が良いのですが、もし途中で雨が降ってきた場合でも、こういった場所で遊ぶことが可能です。

特にワールド牧場に来たからには動物とふれあいたいですよね。

そういう意味でも全天候型動物ふれあいコーナーが完成したことは非常によかったといえるでしょう。

ウエスタン乗馬deダイエット

DSC046521.jpg

 乗馬で運動をするのは、馬だけ?いいえ・・人は落馬しない様に、全身の筋肉を無意識に使う姿勢保持で、特に背・腹・太ももの筋肉鍛錬になります。筋力アップ、ダイエット効果がある立派なエクササイズなのです!若々しく歩く時に必要な筋肉を集中的に鍛えられます。

 馬は意外と怖がりな動物ですが、遊び好きという一面もあります。あなたの相棒となってくれるよう、ここ大阪府南河内郡河南町にあるワールド牧場のインストラクターでバックアップしますので、ぜひトライしてみてください。最近は健康法として女性に注目されています。

 ワールド牧場にはアメリカのカウボーイが乗っているクォーターホースという乗馬に優れた馬を多数揃えております。クォーターホースという名前の由来は、クォーターマイル(4分の1マイル=約400m)を世界一速く走れるところから名づけられました。ワールド牧場の中には1997年にアメリカンクォーターホース協会で世界チャンピオンに輝いた馬も保持しています。そんな優秀な馬に実際に触ったり乗ったりする体験ができるワールド牧場乗馬体験は西部開拓時代のウエスタン気分を満喫していただけることと思います。

A1xXPxQCUAEemXU.jpg

 また、牧場内には手ぶらで来場されてもバーベキューを楽しめる施設が充実しています。また、良質な豚肉を加工したワールド牧場オリジナルソーセージを牧場内で食べることもでき、お土産に買って帰ることも可能です。


牧歌的風景

放牧

本日(6/6)は晴天で羊たちも元気に牧草を食べてます。
ワールド牧場ではあちらこちらでこんな放牧が見られます。
羊以外にもヤギ・ポニー・ミニブタなどが放牧されています。
この風景にとても癒されます。

ワールド牧場の夕日

               牧場から見た夕日

ワールド牧場の入り口メインゲートから見た夕日の画像です。
(2011年4月24日PM6時30分撮影)
天気の良い日はいつもきれいな夕日を見ることができます。
ワールドヴィレッジ(宿泊施設)や天然温泉一乃湯の露天風呂からも
きれいな夕日を見ることができます。
動物とふれあった後、夕日を見ながらの露天風呂は
最高の気分を満たしてくれること間違いなしです。

夕日の右側の塔はPLの塔です。
8月1日の夜には教祖祭PL花火芸術(パーフェクトリバティ教団主催)が
行われます。
名実ともに世界一の花火をワールド牧場からも見ることができます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。